ようこそグループホーム「シュアー」のページにお越し頂きました。

認知症の配偶者や親を介護している人の中には、「徘徊などの症状が出てきたので、目を離すのが怖い」と感じている人もいるでしょう。しかし、被介護者と別居していたり、自分の仕事が忙しかったりして、そばにずっといてあげられないケースもあります。そのようなときに利用したいのが、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)です。

緑に囲まれ静かな環境で、地域の方々に支えられながら、ホーム内は「いつも清潔に」を目標に、過ごしやすい環境づくりに力を入れています。四季を通じて、庭や各お部屋のフラワーボックスに花を育てています。植物を利用者様と共に育て、ゆっくり毎日が過ぎている、そんなホームです。終末期の取り組みもご家族、主治医、職員で連携を図りながら、可能な限り、ご本人の希望に沿うような支援を行っています。常に介護知識・技術向上を目指し、積極的に研修に参加しています。

理念

・家庭的な環境の中で心身の活性化を図ります。
・「ゆっくり・楽しく・一緒に」を合言葉に支援を行います。
・住み慣れた環境での生活継続できるよう支援します。
・ご家族の休息(ゆとり)のための介護相談を行います。

介護職員等特定処遇改善加算算定に係る「見える化要件」について

加算取得状況:介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ)

賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み:資質向上については、働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)を実施しています。労働環境や処遇の改善については、新人介護職員の早期離職防止のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度等導入しています。その他、障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮、非正規職員から正規職員への転換を行っています。